So-net無料ブログ作成

ランちゃん逝く [ねこ]

もう10月も終わりですね。

淋しい話ですが、
10月21日(土曜日)夜8時50分頃、黒猫のランが逝ってしまいました。
その日も同じようにご飯を食べ、寝て、鳴いていたというのに、、、

14歳6か月、おばあちゃんになって前よりは
高いところ(冷蔵庫の上とか)に上がることも無くなりましたが、
元気だったのに、、、

猫ベットに寝ていたランに「寒くなったねぇ」と
くっついていた私もウトウトとしていた時。突然ドンと大きな音で倒れたラン。
たぶん水を飲もうと台所の流しに飛び乗ろうとしたのでしょうが、そのまま逝ってしまいました。

DSC02706.JPG

写真は9月のランちゃん。

先週から、家に帰っても出迎えがないことに。
帰りが遅いと言わんばかりに毎日、玄関に来て鳴いていたのに、、、淋しいです。



私自身、今年の夏から一段と調子が悪い日が多くて、
お年頃のせいと半分あきらめの気持ちですが、
寒くなってきて一層自分自身で身体をいたわらないといけないと感じます。

会社で風邪も流行ってきています、木枯らしも吹いて
誰もが気を付けないといけないですね(^.^)
nice!(9)  コメント(3) 

カルくん、逝く [ねこ]

4月20日、トラ猫のカル君が遠くへ旅立ってしまいました。

DSC00392.JPG

↑ 2014年10月23日

DSC01080.JPG

↑ 2015年9月4日

DSC01600.JPG

↑ 2016年3月27日

推定2か月の時に我が家にきて12年間。
すばしっこくて、2階や天窓から外へ出たり、けんかして帰ってきたり、、、
朝、ご飯をねだって、起こしに来て、髪をかんだり、、
仕事帰りの私を玄関で出迎えてくれていた、愛しいカル君。

黒猫のランも寂しそうです。

お隣の藤の花が満開です。
毎年藤の花を見るとカルを見送ったことを思い出すと思います。
とても寂しいです。

ランの充電 [ねこ]

今日で1月も終わり、早いものです。また随分とご無沙汰。。。

DSC01492.JPG

娘が出掛けた後のランちゃん。コードを挿んで寝ちゃって、、
コードを抜こうとして思ったのが、充電! スマホの充電ならぬランの充電。

まぁ、猫はうらやましいくらいいつも充電中。爆睡中。
気ままに人の上で寝たり、、、ねぇ、うらやましい(^v^)



29日でずっとお世話になった人二人が退社。
60だからですが、寂しくなります。
お昼もご一緒にしていたので、愚痴を言ったり、話も随分しました。

ちょっとお姉さんの話というのはとても貴重。
老眼になって眼鏡を二つにして使っているのも、私が入社した8年前にそういう話を教えてもらっていたから、度が進まないうちに踏み切りました。
親の介護の話や娘さんの出産のお手伝いの話、、、もろもろ、、、身体、体調のことも。
きっと度々思い出すんだろうな。

素敵な大人の女性がそばにいたというのは学ぶこと、手本にすることができます。

仕事は相変わらず忙しく、いいように使われてる感が強いですが、
それも含めて私の仕事だと思って腐らず、粛々と仕事します。
他人を見ているけれど、自分も見られているんですよね。。。

黒猫とカーペット [ねこ]

朝夕がすっかり涼しくなってきました。
この間の休みにカーペットを出しましたが、出してよかった。
朝は早いし夜は遅いし。。。 結構寒いです。。。

DSC01246.JPG

DSC01249.JPG

昨年買い替えたカーペットは黒。
ランちゃんが気持ちよさそうに、日中ひなたぼっこしてました。
気をつけないと、踏んじゃいそう(・・;)



今日は仕事休みで重い腰を上げて土いじり。
庭の横に置いていた鉢の土を片付けようとしたら、

DSC01247.JPG

白い幼虫かと思ったら、球根! すっかり忘れてました。
大きいプランターに植え替えましたが、来年春咲くかなぁ?
ほかにも株分けをして、土ふるいをして。。。
やること、やりたいことはいつもいっぱい(・_・;)



寒くなって来て、(秋になってかな) 食欲が止まらない。
健康診断迫ってきているのに、大変です(・・;)

DSC01250.JPG

でも、栗とかサツマイモとか、、、大学芋とかたまらなく美味しい(^u^)

交わる手と足と尻尾 [ねこ]

先週ですが、映画を観てきました。
佐藤健がかっこいいだけじゃなく映画自体がすごい!

「るろうに剣心」、大画面で見てきて良かったです。あぁ、、、もう一度行ってもいいなぁ。。。



さて、猫はどうしてこんなにも愛らしいのか。

DSC00235.JPG

DSC00236.JPG

2日前の夜、まん丸の椅子に堂々と。でも、丸まって、足と手と尻尾が、、、、
兎に角、可愛い(*^_^*)

*クッションカバーは遥か昔、中学生の夏休みに刺繍を半分だけして、お蔵入り。
 30代前半の時に残りの刺繍をしてカバーに仕上げたもの。
 その後、使用せず、十数年しまい込んでいた物。

猫にボロボロにされそうなクッションですが、なんとか2週間無事。