So-net無料ブログ作成
検索選択

鎌北湖の紅葉はまだ【埼玉県毛呂山町】 [ハイキング]

29日に鎌北湖に出掛けてきました。
湖の水面に映る紅葉がきれいなところなので
徒歩40分と書かれた遊歩道を歩いて森林浴とウオーキングです。

DSC02130.JPG

DSC02131.JPG

DSC02132.JPG

残念なことに紅葉はまだまだ。
紅葉情報も見ずに出掛けたのが悪いのですが、天気も良く歩くのに気持ちよかったです。

歩くのが速いせいか、湖をぐるっと回った時間をいれても往復1時間あまりで、
ちょっと汗をかいて、丁度良い感じ。紅葉の頃もう一度行けたらいいのですが。



昨日は夕方になって寒くなりました。ハロウィンというわけでもありませんが、
夕飯はかぼちゃを入れたパンプキンシチュー

DSC02135.JPG

かぼちゃは美味しいですし、黄色い色がまたきれい(^v^)

秋の尾瀬 '16.10 その4 [ハイキング・登山]

尾瀬はもう紅葉も終わるというころ。
気温も低いですし、標高もありますからね。

DSC02114.JPG

DSC02117.JPG

DSC02118.JPG

DSC02120.JPG

尾瀬は歩くところが決まっているというか、木の道に沿って歩いていきますが、
板には゛H26" のように刻印があり、傷んだ個所から道を作り替えていきます。

DSC02103.JPG

ここは丁度作り変えているところ。木も空輸で運び作業をするようです。

DSC02116.JPG

クマの目撃情報があり、注意喚起と熊よけの鐘が置いてあります。



夜中に出掛けて、2万7千歩ほど急に歩いたせいか、気温の変化のためか
だるくて、頭痛もあり、風邪っぽいです。
でも、尾瀬には出掛けて良かった。もっと日ごろから運動が必要と感じます。

来年の初夏に違った風景の尾瀬を見に、また出掛けたいと思います(*^_^*)

秋の尾瀬 '16.10 その3 [ハイキング・登山]

尾瀬の写真が続きます

DSC02081.JPG

DSC02086.JPG

DSC02088.JPG

DSC02091.JPG

DSC02094.JPG

DSC02097.JPG

朝方の霜の降りた世界が、秋深い風景に変わりました。
晴れた良い天気で、歩くのにはとても良かったです。

ヨッピ吊り橋に着いたときは誰もいなくて、見渡す限り誰もいないことに、びっくり。
写真撮るのにも気兼ねなく撮れます(^v^)

その4へ

秋の尾瀬 '16.10 その2 [ハイキング・登山]

尾瀬に行くなら水芭蕉の季節がいいのでしょうが、
出掛けた日は晴れていて気持ち良かったし、季節ごとの美しさがあります。
とは言っても、次は来年の6月に行きたい!!

鳩待峠を歩き始めた6時や尾瀬ヶ原を歩き始めた7時頃は
日が差してくる美しさと霜が降りていてキラキラしていて、、、、

DSC02062.JPG

DSC02067.JPG

DSC02073.JPG

DSC02074.JPG

DSC02076.JPG

DSC02072.JPG

同じような写真ばかりですが、時間とともに景色が様変わりしていきます。
周りに人がいるときと、遠くまで誰もいないときがあって、
広い世界に自分ひとり。
見渡す景色の中に誰もいなく景色も独り占めの時がありました。

その3へ 続く

秋の尾瀬 '16.10 その1 [ハイキング・登山]

10月14日の夜中に、高速バスに乗り、尾瀬に出掛けてきました。
数年前に夜行列車で9月半ばに出掛けたことがありましたが、
その時は尾瀬沼を回るようなルートでした。
今回は尾瀬ヶ原を歩いてきました。

14日23時30分 埼玉川越駅のバス乗り場 出発 → 尾瀬戸倉 バス乗り換え
15日05時20分 鳩待峠 到着
06時頃 鳩待峠 → 山ノ鼻 → 牛首分岐 → 竜宮十字路 → ヨッピ吊り橋 → 牛首分岐 → 山ノ鼻 → 鳩待峠
13時頃 バスで 尾瀬戸倉 へ
14時30分 高速バスで埼玉県川越駅バス乗り場へ 出発

帰りのバスが決まっていたので、もう少し足を伸ばせたかもしれませんが
尾瀬ヶ原を歩いてきました。早朝明るくなってすぐに歩き始めたので、
霜が降りていて、朝日を浴びてきらめく様子はとてもきれいでした。

一人で写真を撮ったり、ご飯を食べたりお菓子を食べたり、、、
自由に広い景色の中で、良い時間を過ごしました。
(帰りの高速バスが事故渋滞で 相当時間が掛かってしまったのが残念でした)

数回に分けて写真載せます。

DSC02050.JPG

DSC02051.JPG

DSC02052.JPG

DSC02053.JPG

DSC02059.JPG

DSC02060.JPG

尾瀬には6月に行こうとバスの申し込みをしたのですが、満席でとれず、
その後都合がつかず足の不安もあり、あきらめていました。
今回今年も終わってしまと申し込みをし、滑り込みで行けた感じです。
往きの高速バスは満席でした。 その2へ続く。